Yahoo奇摩 網頁搜尋

搜尋結果

  1. 診療紹介. 治療. 慢性腎臓病の食事療法. ここでは、慢性腎臓病、特にステージ3~5における食事療法について説明します。 機能障害が進行してきた場合には、蛋白制限、塩分制限、カリウム制限などの食事療法を行うことにより、機能障害の進行を抑え、慢性腎臓病の合併症を予防します。 食事療法は、もとの疾患の種類、病状、機能によって異なります。 間違った食事制限は、病状を悪化させることもありますので、内容に関しては、主治医に相談しながら行いましょう。 腎臓を守るためには、無理のない範囲で食事療法を継続することが一番大切です。 慢性腎臓病では、なぜ蛋白制限が必要なの? 食事蛋白は老廃物の一種である窒素代謝物を作ります。 正常の機能であれば、それを処理するのに十分な糸球体があります。

  2. Home. 診療紹介. 慢性腎臓病の合併症. 慢性腎臓病(CKD)とは、何らかの障害が3ヶ月以上持続する場合と定義されています。 症状が出現することはほとんどなく、蛋白尿や機能異常(eGFRの測定)により診断されます。 (1)尿濃縮力障害. (2)高窒素血症. (3)水・電解質異常(体液過剰、高カリウム血症) (4)代謝性アシドーシス. (5)腎性貧血. (6)二次性副甲状腺機能亢進症. など、さまざまな合併症が出現します。 合併症の出現は、機能低下に伴って、徐々に出現してきますが、その時期については個々の患者でさまざまです。 1.尿濃縮力障害 ~夜トイレに起きますか? 尿は薄くなったり、濃くなったりします。 これは、体内の水分量(体液量)に応じて、腎臓が調節しているからです。

  3. Home. 診療紹介. 急性障害とは、数時間~数日の間に急激に機能が低下する状態です。 尿から老廃物を排泄できなくなり、さらに体内の水分量や塩分量など(体液)を調節することができなくなります。 早急に原因を突き止め、その治療を行うとともに、透析治療などで体のバランスを整える必要があります。 救急医療を必要とする重篤な疾患です。 症状は? 尿量減少(尿量が減少しない場合もあります)、むくみ(浮腫)、食欲低下、全身倦怠感などが認められます。 検査所見は? 血液検査では、血清尿素窒素(BUN)、血清クレアチニン(Cr)、カリウム(K)の高値を認めます。 超音波検査やCT検査では、慢性腎臓病と異なり、腎臓の腫大が認められます。 原因 と分類. 前性・腎性・後性に大別されます。

  4. ホルモンの分泌. 血圧を調整するホルモンや赤血球を産生させるホルモンを分泌しています。 また、カルシウムの吸収に関係するビタミンDを活性化させています。 慢性不全とは. 不全とは腎臓の機能が低下した状態のことをいいます。 つまりなんらかの原因により腎臓が尿を正常に作ることができなくなった状態です。 尿が出なくなることにより様々な症状が出現します。 腎臓の機能がある基準値以下に低下すると、自分の腎臓では生命を維持できなくなり、透析療法または移植が必要となります。 機能が正常の10~20%までに低下すると、以下の種々の症状が出現します。 機能低下による症状. 尿毒症. 腎臓の働きの一つは、体にある不要な物質である尿毒素を尿として体外に排出することです。

  5. 診療紹介. 糸球体腎炎. 急性糸球体腎炎. 急性上気道炎を中心とする感染(主にA群β溶連菌)の後に、10日前後の潜伏期間を経て血尿・蛋白尿、尿量減少、むくみ(浮腫)、高血圧で発症する一過性の急性腎炎症候群です。 小児~若年者に多い疾患ですが、成人にもみられます。 症状は? 顔面・眼瞼・下腿の浮腫、肉眼的血尿、乏尿、一過性の高血圧などが主な症状です。 検査所見は? 尿検査では、強い血尿と蛋白尿を認め、時に急性不全を呈するほどの機能障害を認めることもあります。 免疫物質の一種である、補体(CH50,C3,C4)の低下が特徴です。 また、原因となる溶連菌の感染を示すAnti-Streptolysin O(ASO)、Anti-streptokinase(ASK)などの抗体価の上昇を認めます。

  6. 腎移植とは. 条件・検査. ドナー. 入院・費用. 手術・成績. 外来通院. 手術後の注意点. 移植Q&A. 腎移植外来のご案内. 手術後の注意点. 慢性拒絶反応について. 移植後3カ月以降におこる拒絶反応のことで、月単位から年単位のゆっくりとした速さで腎機能が悪化します。 なるべく早い時期に治療しなければ効果がなく、腎機能が悪化してからの治療ではあまり効果はありません。 慢性拒絶反応とその原因. 慢性拒絶反応は広い意味では、原因はなんであれ移植後3カ月以降にゆっくりと進行する腎機能の悪化する病態の総称でした。 しかし、慢性腎不全の病態が解明するにつれて、移植後長期にわたる腎機能の悪化には様々な原因があることがわかってきました。 狭義の慢性拒絶反応.

  7. 生検|東京女子医科大学病院 腎臓内科. Home. 生検. 当科における生検は1974年に一例目を施行したのにはじまり、その歴史は長く30年以上にも及び、症例数も3000例を超えております。 現在では年間約100例の症例に生検を施行しております。 I. 生検施行症例数、性別、平均年齢、理由の5年毎の推移 (1979-2008年) 5年ごとの生検施行の数、性別、 施行時年齢、施行理由. II. A. 当科における生検疾患の内訳 (1979-2008年) 5年ごとの一次性・二次性腎炎に発症頻度 (%) B. 当科における生検疾患の内訳 (2011年, 全120例) III.合併症.